ED治療薬は3種類!

勃起不全薬は三つ

勃起不全を改善できる治療薬は、主に3タイプが主流です。
世界中に愛用者がいるバイアグラ、効きの速さに特化しているレビトラ、週末に強いシアリスといったものがありED患者から人気が高い薬なのです。
そこで今回は「どの薬が自分に会っているのか分からない」という方のために、それぞれの特徴を紹介していきます。

知名度No.1のバイアグラ

バイアグラは、米国にあるファイザー社によって発売されてきました。現在では世界110ヵ国以上で使用されていて、大変知名度が高い薬なのです。
もちろん日本でも処方されていて、世界中で活躍している実績があります。

バイアグラは内服後20~30分後、また遅くても1時間以内には効果を発揮し始めます。
そのためセックスする1時間前に服用するのが最適です。
また作用時間は5時間なのでセックスするための時間には十分な時間ではないでしょうか。
バイアグラは食事の影響をモロに受けるので、食事を伴うデートをしてからホテルへ向かう際には食前に服用してください。
空腹時に一番効果を発揮するので、「絶対失敗したくない」と心に決めている人は空腹時に飲みそのままセックスするのがおすすめです。

即効性を求めるならレビトラ

バイアグラにはないのが即効性です。しかしレビトラはそのバイアグラのデメリットを補うかのように、即効性に優れている薬といえます。
人によっては服用してから15~20分で効き始めるといわれていて、「すぐにでもセックスしたい!」という人にピッタリです。
効きが早いにも関わらず、バイアグラと同様に最大で5時間ほど作用しています。
食事の影響は受けづらいといわれてはいますが、ED治療薬はどれも空腹時に最大の効果を発揮してくれるのです。
そのためいくら受けにくいといわれていても、お腹一杯になるまで食事をしないようにしてください。

1錠で週末も楽しめるシアリス

「治療薬といえ何回も飲みたくない」
「週末にセックスしまくりたい」と思っている人には、断然シアリスがオススメです。
シアリスはレビトラのように即効性はありませんが、作用している時間がかなり長いことで有名なED治療薬。
作用している時間は最大36時間であり、まさにウィークエンドピルなのです。海外では週末に強い薬ということで、ウィークエンドピルと呼ばれています。
普段土日が休みという方は金曜に飲み、そのまま土曜の夜までセックスできちゃうのです。
平日はあまりセックスしない、週末にセフレや恋人とセックスしているという方はシアリスがピッタリです。

「診察の時にズボンを下ろす」はウソ?

病院やメンズクリニックでEDの診察を受ける時には、ズボンは下ろしません。
初めて診察を受ける人でよく勘違いされているは、「自分のペニスを見せる必要があるのか」という不安です。
確かにペニスの病気ですし、他の病気を診てもらう際にも医師がその部位を確認するのは当たり前ですよね。
しかしEDに関してはそういった触診はないのです。
もし行なわれるとするなら、ED治療薬を服用してもOKな身体かどうかを判断するための血液検査や心電図をとるくらい。
そのためアナタ自身の勃起力に関しては、問診だけの診断となります。