外国の薬で治す

「ED治療をする!」と心に決めた人には、海外から治療薬を輸入するのがオススメです。国内の病院ではED治療に保険が効きません。
そのため処方薬代の他に、診察代、血液検査が必要な人はさらにお金がかかります。保険がきかないので、全額自費負担になり高額治療は免れないのです。
しかし国外から輸入したED治療薬は、注文時に処方箋が必要ないためわざわざ通院する必要もありません。

海外で人気のED治療薬をチェック

海外のED治療薬の中には、ED患者から人気を集めているものがあります。それはかまぐら100です。
かまぐら100は、日本でも処方されているバイアグラのジェネリックであり成分はまったく同じものが使われています。ED改善率は70%超えで、実際に使用した患者からは高い評価を受けています。
またかまぐら100の100とは、100mgという意味です。有効成分であるシルデナフィルを100mg配合されているので、効き目は抜群。
勃起の成功率、勃起の維持率がグッと向上できるといわれています。

かまぐら100の正しい服用方法

かまぐら100は海外のみならず、日本のED患者からも注目を集めています。
100mgもシルデナフィルが配合されているので、「成分量多くない?」と心配している人もいるはず。
そんな方のかめに、かまぐら100を日本人が服用する際の使い方を紹介していきます。

かまぐら100はカットしてから飲もう

かまぐら100を日本人が服用する際には、正しい使い方で服用しましょう。
実は、日本人が100mgをそのまま飲むのはあまりおすすめできません。
そもそもかまぐら100は外国で製造・販売されているので、製薬会社も外国人体型向けに作っています。
日本人と外国人の体型の差はかなりありますよね。外国人は日本人に比べて体格が大きいため、50~100mgくらいが丁度いいのです。
そのため日本人が服用する際には、100mgを半分か4等分にするのが最適。
半分だと50mg、4等分だと25mgずつになります。

アルコールと一緒に飲んじゃダメ?

日本で処方されているED治療薬と同様に、アルコールと食事の影響をダイレクトに受けるので飲食には注意が必要です。
例えばパートナーとのデートでアルコールを飲む機会がある時には、2~3杯にとどめておくのが得策。
アルコールは気持ちや身体をリラックスさせる作用がありますが、たくさん飲んだ後にかまぐら100を服用すると血流アップの効果で酔いが早くまわります。

かまぐら100が食事の影響を受けるワケ

かまぐら100は食事の影響を受けやすい薬です。そのため服用する際には、食前か空腹時が最適。
先に食事の油を摂取してしまうと、体内にある小腸に油がべっとりとつきます。すると薬の成分が体内に吸収されず、薬が本領発揮できなくなってしまうのです。
せっかく薬を飲んだのに食事をしてしまって、いざセックスをしようとすると勃起しなかったというケースはたくさんあります。
実際に「かまぐらは効かなかった!」と言っている人は、重度のEDか飲み方が間違っている、食後に服用してしまったという例もあるのです。

※参考ページ https://pridecentreofedmonton.org/kamagra_syokugo/

日本では保険が効かないED治療

なぜ海外で販売されているかまぐら100を勧めるのか。それは、国内で処方されている治療薬はかなり高い価格で販売されているのが理由です。
その背景には保険がきかないという理由があり、診察を受けて処方薬をもらうためには完全自己負担。
先発薬のバイアグラは1錠1,000円以上で販売されていて、国内で製造されているジェネリックも1錠700円からとなっているのです。
この価格も目安なので、クリニックや病院によって変動します。
そのためリーズナブルな価格で販売している医療機関を見つけるのは、なかなか骨が折れるのです。